全米が泣いた奨学金返済の話

シビアな奨学金についての話

奨学金で自己破産する以外の選択肢

time 2017/05/10

奨学金で自己破産する以外の選択肢

奨学金は、勉強する意欲や、能力がある学生に生活費や、学費を貸してくれる、ありがたい制度ではありますが、日本で行われている奨学金制度では、卒業してから返していく義務がある貸与型のものが、ほとんどを占めていて、奨学金破産が相次いでいます。

奨学金破産を防ぐためには、奨学金を返すのを免除してもらうという方法もありますが、特別な場合でない限り免除されることはありません。
しかし、逆にいうと、特別な理由が場合には奨学金を返すことを免除されることがあります。

奨学金免除の条件

まず奨学金を借り入れた本人が亡くなったときには、免除となりますが、日本学生支援機構などといった団体に両親などが申し出る必要があるので注意する必要があります。

また、学校が独自で奨学金を貸し付けている場合もあるので注意をする必要があります。

肉体的な疾患や、精神的な疾患によって働けなくなってしまい奨学金を返していくことが難しくなってしまったときに返していくことを免除される場合があります。

特に完治する見込みがない疾患になってしまったときには返していくことを免除されることになります。

大学院で大きな成果を上げる

そして、大学院において、大きな発見をしたり、大きな成果をあげたり、目立つ活躍をしたりした生徒に、返済を免除してあげたり、一部だけ返済を免除してあげたりすることがあります。

免除が適用されるためには、その学校の学長に申し出る必要があります。

しかし、奨学金を返すのを免除されるのは、このように、ごく一部の限られた場合だけなので、多くの場合は、奨学金破産を防ぐために行えることは日本学生支援機構に、返していく金額を半分にしてもらう減額返還や、返していくのを一時的に待ってもらう返還期限猶予の申請をすることになります。

奨学金を返還する期限を延長してもらって返済する返還期限猶予という方法は、返済を一時的に猶予してもらうというものになります。

免除だと帳消しになりますが、猶予してもらうだけなため、最終的に借り入れた、お金は返していくことが必要になります。

怪我や病気などの経済的に返済が難しい場合

返還期限猶予の対象となるのは、病気になった方や、怪我をした方、災害に被災した方、生活保護を受給している中で経済的に返していくのが難しくなっている方の中で、日本学生支援機構が行う猶予審査に通過した方ということになります。

そのため、必ず返還期限猶予を受けることができるとは限りませんが、減額返還が適用されるだけでも、かなり奨学金を返済するのが楽になり奨学金破産を免れることができるようになります。